技術・製品情報 給水装置の構造及び材質の基準に係る第三者認証業務の実態調査及び
給水装置データベースに掲載された製品の品質管理等に関する調査結果について
厚生労働省給水装労データベース
トップページへもどる
閉じる

UNDERWRITERS LABORATORIES INC.

アンダーライターズ・ラボラトリーズ・インク (UL)

ULとは?

 

ULは、「公共の安全」を基とした非営利機関(not-for-profit)として1894年にアメリカ合衆国イリノイ州シカゴで設立されました。ULは製品安全規格を作成し、その規格に従い試験を行い、UL安全マークの使用を認める認証機関です。ULの設立は「科学的調査、研究、試験、検査により種々の製品・部品・材料・システムの使用が生命と財産に与える危険性を調査し認証を行い、これらの情報を公表すること。」を目的とされています。

 

ULの歴史

 

ULの設立は1893年にシカゴで行われた「コロンビア博覧会」での多量の電気使用の調査を依頼されたことに発しています。この調査のために保険業界は当時25歳の電気調査員ウィリアム・ヘンリー・メリルをボストンから呼び寄せ調査を依頼しました。 この調査をきっかけにメリル氏は1894年に火災保険業者電気局をシカゴに設立しました。世の中に電気製品が普及するにつれ電気製品等からの火災や感電事故が増加してきました。ULはその都度各製品ごとにUL安全規格を作成し、提出された製品サンプルに対して試験を行い、最低年4回の工場検査を行うことによりULマークの使用を許可しています。2006年度には210億枚以上のULマークが世界中で使用されています。

 

ULの運営

 

ULは非営利の民間企業です。ULの運営はULに製品評価を依頼する申請費用、製造工場での工場検査費用、及びUL安全規格の書籍販売収入によります。ULの経営方針は14名の理事により決定されています。この理事会は安全の専門家、消費者代表、保険業界代表、学識経験者、標準化専門から構成され、ULからは唯一社長のみが参加しています。この理事会には利害関係となるメーカー等の代表は含まれていません。

 

ULの試験所所在地

 

ULには約6200名のスタッフがおり、アメリカ合衆国内では次の5個所に試験所を設けて、試験を行っています。

本社、イリノイ州

Underwriters Laboratories Inc.

333 Pfingsten Road, Northbrook, IL 60062-2096

Tel: +1-847-272-8800

Fax: +1-847-272-8129

Website: www. ul.com

E-mail: northbrook@ul.com

 

ニューヨーク州

Underwriters Laboratories Inc.

1285 Walt Whitman Road, Melville, NY 11747-3081

Tel: +1-516-271-6200

Fax: +1-516-271-8259

E-mail: melville@ul.com

 

カリフォルニア州

455 East Trimble Road, San Jose,

CA 95131-1230 U.S.A

Tel: +1-408-754-6500

Fax: +1-408-689-6500

E-mail: customerservice.scl@us.ul.com

 

ノースキャロライナ州

Underwriters Laboratories Inc.

12 Laboratory Drive, Research Triangle Park, NC 27709-3995

Tel: +1-919-549-1400

Fax: +1-919-547-6000

E-mail: rtp@ul.com

 

ワシントン州

Underwriters Laboratories Inc.

2600 N.W. Lake Road, Camas, WA 98607-9526

Tel: +1-360-817-5500

Fax: +1-360-817-6000

E-mail: camas@ul.com

 

ULは世界各国に子会社、関連会社を所有し、日本にはULの100%出資の株式会社UL Japanが三重県伊勢市にあります。

 

株式会社UL Japan

516-0021

三重県伊勢市朝熊町4383-326

電話: 0596-24-6717

ファクシミリ: 0596-24-8020

電子メール:customerservice.jp@jp.ul.com

 

ULの子会社・関連会社・事務所の所在国

カナダ、香港、台湾、中国、韓国、マレーシア、シンガポール、インド、メキシコ、デンマーク、イタリア、スウェーデン、イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、アルゼンチン、ブラジル、フィンランド、チェコ、ポーランド、スイス、スペイン

 

ULの業務

 

製品試験認証サービス

UL安全規格またはその他の安全規格に従い製品・部品・材料・システムの試験および構造評価を行い規格に適合していることを確認し、更にULのフォローアップ工場検査での適合が確認された後にULマークの使用が許可されます。フォローアップ工場検査は最低年4回で、予告無しに行われます。1997年度には493,800回のフォローアップ工場検査が世界89カ国の40,000以上の工場において行われました。ULマークには、主に最終製品に対するULリスティングマーク、部品材料に対するULレコグニションマーク、そして国際規格・海外規格適合を示すULクラシフィケーションマークがあります。例えば日本の厚生省給水装置の構造及び材質の基準に適合していることを示すマークは、ULクラシフィケーションマークです。

 

ULが審査認証を行う製品には次のような製品があります。

 

給水装置

トイレ機器、シャワー機器、水道給水機器、水フィルター等

 

 

消費者用電気製品

テレビ、コンピューター、ビデオ機器、洗濯機、掃除機、電話機、照明器具、電子レンジ、クリスマス電球、エアコン、電気ストーブ等

 

オフィス業務用電気製品

複写機、プロ用オーディオ機器、プロ用電動工具、自動販売機、レストラン用厨房機器、電話交換機、ATM現金引き出し機、写真現像機等

 

 

産業用機器

印刷機、工業用制御パネル、ロボット、工作機械、フォークリフト等

 

医療機器

 

消防機器

消火器、スプリンクラー、消火用ホース、耐火金庫、防火戸、火災報知器

 

建築材料

屋根材、断熱壁、内装材、耐火建築構造、内装耐火材等

 

ガス石油機器

ガスストーブ、石油ストーブ、ガス湯沸かし器、石油湯沸かし器等

 

部品材料

スイッチ、プラスチックス、プリント基板、サーモスタット、モーター、電源、ブラウン管、電線、コンデンサー、ヒューズ、プラグ、変圧器、リレー等

 

 

防犯機器

防犯システム、防弾ガラス、防弾チョッキ、防犯カメラ、ロック装置等

 

海洋製品

サバイバルスーツ、ライフジャケット、船舶航行システム、船舶用照明等

 

 

ISO品質審査登録サービス

ULはISO9000シリーズ規格、ISO14000規格、QS9000規格(自動車業界品質規格)、TE9000規格(自動車製造機械業界品質規格)、AS9000規格(航空機産業品質規格)等に基ずいて施設を審査し登録を行います。1999年1月現在3300施設がULより登録されています。ULの審査登録業務はANSI/RAB(米国)、RvA(オランダ)、UKAS(英国)、SCC(カナダ) 及びJAB(日本)から認定を受けています。

 

 

 

 

UL安全規格作成

ULは1000以上の安全規格を作成しています。75%以上の規格はANSI規格として認められ、ある規格は国防省規格としても認められています。UL安全規格は製品の技術進歩、世間の状況、製品の使用状況等により改定されます。1997年度には336のUL規格が改定されました。

 

EMCサービス

ULの米国5個所の試験所はEMC(電磁環境適合性試験)施設を有していて、アメリカ、カナダ、日本、ヨーロッパのEMC規格に従い試験測定が可能となっています。

 

 

 

国内ULのホームページ(日本語ウェブサイト)www.uljapan.co.jp

米国ULのホームページwww.ul.comもご覧ください。


△ページトップへ